ブラック企業の攻略方法

ブラック企業の攻略方法?何だそれ(笑)と思いましたか?

社会問題にもなっているブラック企業。

実はブラック企業には、悪いブラック企業良いブラック企業があるのです。

今回は良いブラック企業で長期的に生き残るための攻略方法をお伝えしたいと思います。

 

悪いブラック企業と良いブラック企業とは?

【悪いブラック企業の特徴】

・違法行為をしている

・パワハラやセクハラがある

・残業代がつかない(本人の同意の無い、みなし残業かつ手当等が一切付かない。)

 

【良いブラック企業の特徴】

・違法行為はしていない(ギリギリのラインでセーフ)

・拘束時間が異常に長い(電話をもたされる)

・劣悪な環境下である

・残業代は働いた分だけ支給される

・昇給制度がある

・幹部陣の入れ替わりが激しい

・組織図をみると掛け持ち担当が多い

この青線の部分があるか、無いかが重要なのです

 残業代は働いた分だけ支給される

残業代を全額支給してくれるのにブラック企業なの?と

思うかも知れませんが、ここは一番重要な部分です。

むしろホワイト企業でも一部【みなし残業】として処理をする、隠れホワイト企業のほうが多く存在します。

 

 昇給制度がある

注意したいのは役職がつくことによって、給与にどのくらいの幅で差が出るのか情報を入手しておきましょう。ブラック企業といえど課長クラスで年収1,500万、部長クラスで年収2,000万なんてこともあります。

業種によっては昇給制度がないホワイト企業もあります。

 

 幹部陣の入れ替わりが激しく、組織図をみると掛け持ち担当部署が多く存在する

入れ替わりが激しいという事は逆にチャンスと捉えましょう(笑

長く在籍していればいるほど、基本的な信用度は高くなります。

どこかのタイミングで実績をつくりアピールし昇給させてもらうことで

掛け持ち部署にあなたのポストが埋まることになるでしょう。

成長過程にある中小企業では、数年後に変化し拡大する可能性があります。

その間にじっくりと見極めてから判断しても良いでしょう。

 

 昇給するまでどうやって生き残るの?

人が嫌がる仕事を率先してやりましょう。

そしてその分野をマスターしましょう。

覚えた仕事をむやみに他人に教えないことが重要です。

【あいつが居なくなったら困る】と思わせなければいけません。

そうすることで、まずは現在のポストを獲得するのです。

 

 生き抜くために何をすべき?

自己啓発の本を読み、セミナーに参加し自分自身のスキルアップを継続的に行うことが大事です。

本は自分の知識に無い部分を補うのに最も適しているツールです。

値段はバラバラですが平均して1,500円前後でしょう。

本によっては1,000,000円以上の価値の内容の本も多数存在します。

誰も知らない、誰も獲得していない【自分だけのスキル】を常日頃から保有するため努力するのです。

自己啓発は継続し続けた者こそ、最終的に上へ上り詰めていくことになります。

 

 やってなくてもやってますアピールが大事 

会社の中で立ち回るには基本中の基本です。

【疑われない適度な、仕事しましたアピール】

これが大事なのです(笑)

ここをいかに上手に上司へ報告するかで評価が変わってきます。

質問された際に、構築されたブロックが隙間なく埋まるような説明を事前に考えておけば完璧です。

これはブラック企業に限らず、ホワイト企業でも同じですね(笑)

 

 絶対にやってはいけないこと 

ブラック企業に限らず、これをやると昇格や存続は厳しくなりますので肝に銘じて絶対にやらないようにお願いします。一度でもやれば終わりです。

 

【不倫】

不倫をする人が良い仕事などできるはずがありませんから、

一気に信用を無くし会社でも軽蔑の視線でみられることになります。

 

【横領】

これは総務Gで働く幹部クラスの人に多くみられます。

お金は人生を狂わせますから一度でもやれば、味をしめ二度三度と同じ過ちを犯すでしょう。

 

 

*最後にブラック企業で勤務すると同時にやっておくべきポイントをお伝えします

①勤務しながら、転職先を探す

②幅広くコネクションを拡大し、いつでも転職できるように準備しておく

③インターネットのスキルを磨き、メインの仕事以外の仕事でも稼げるスキルを習得する

この3つを同時に進めておけば安心です 

(③については私も勉強中です)

近いうちにお勧めのnoteを紹介しようと思います

最新情報をチェックしよう!

ブラック企業の最新記事8件

>夢は必ず叶う

夢は必ず叶う

アンダークラスからの脱却を全面的にバックアップします!また最新の派遣情報なども随時発信中です!

CTR IMG