工場勤務で手堅く稼ぐ!おすすめの資格をご紹介!

  • 2019年7月8日
  • 資格
  • 186view

未経験や初心者歓迎の工場も多く存在していますが、【資格】は採用時の合否に大きく関係します。

これから取得を目指したい人参考にしてみてくださいね!

今回は特に需要の高い資格をご紹介します。

 おすすめ度 ★★★★★ 機械加工技能士(マシニングセンタ)
普通旋盤作業機械加工に関する学科及び実技試験に合格する必要があります。
1級、2級、3級そして特級の4つの階級があります。
(1級から3級は筆記試験(学科)と実技試験、特級は学科試験のみのテスト)
試験に合格すると「合格証書」と「技能士章」が授与されて、”技能士”と名乗り仕事をすることができます。技能士の従業員のおかげで製品の品質が向上して顧客の信頼を得られるメリットが生まれることから、会社からも重宝されることでしょう。
【受験資格】
実務経験が必要になります。

3級の場合は6ヶ月以上、2級は2年以上、1級は7年以上であることが条件となります。

大学卒業の経歴であれば3級、2級の試験に実務経験は問われません。

1級に関しては5年の経験が必要ですが実務経験のみのときに比べ2年短縮されています。
【受験方法】

受験の申し込みは最寄りの都道府県職業能力開発協会で受験申請書を取り寄せます。

【マシニングセンタの機械加工試験内容】
*3級

簡易な部品のプログラミング作業(筆記試験)+加工の段取りを試験時間1時間20分の間に立形、または横形のマシニングセンタを用いて行います。

*2級

マシニングセンタに取り付ける工具の選定、仕上げ面に適応する仕上げ工具選び、切削条件と表面粗さの判定、加工物の測定、プログラムの間違い箇所の判定とインデックステーブルの回転中心の芯出しを35分で行います。
次に1時間30分の制限時間で、部品のプログラミングの加工手順と工具通路図の作成、切削条件を決めてツーリング図の作成、作業時間を見積ってマシニングセンタの支障を調整することについての筆記試験があります。*1級

取付け工具を選定し仕上げ面に適応する仕上げ工具の選定、切削条件と表面粗さの判定、表面粗さと刃具の判定、加工工具の選定と加工物の測定、プログラムの間違い箇所の判定とマシニングセンタにおけるインデックステーブルの回転中心の心だしを行う実技で試験時間は45分です。

筆記試験は1時間30分で、複雑な部品のプログラミングの加工順序を決定、工具通路図の作成、切削条件の決定、ツーリング図を作成して作業時間を見積る、マシニングセンタの支障の調整について問われます。

 

 おすすめ度 ★★★★★ 電子機器組立技能士(特級)
電子機器などの製造を行う生産ラインで働くに至り、電子機器組立技能士の資格があれば採用率はぐっと上がります。AI産業が加速する中、重宝されることが予想されます。

電子機器組立技能士は、電子機器の組立や修理に必要な技術を問われる検定試験

家庭用電子機器や通信機器、工業計測器、卓上電子計算機など、ICやダイオード、トランジスタなどの電子回路を内蔵しているあらゆる機器についての基本電子回路の技能が問われます。

おもに、プリント基板に電子機器などを取り付け、半田付けや配線、側線などを施す作業が対象です。等級は、特級のほか1級~3級まであり、特級であれば管理者レベル、1級~3級に関しては、上級・中級・初級扱いとなります。

国家検定制度であるため世間的にも認知度も高く、この資格を保有していればキャリアアップや昇給にもつながりやすくなるでしょう。

この仕事は、電子部品を実装している製造業のような工場においては、毎日のように繰り返される作業の中で、検定で培った技術を生かすことができます。特に半田付け作業などについては、3級を取得していたとしても役に立つ資格と言えます。

【受験資格】

等級により異なりますが、ある程度の実務経験が必要です。

*3級

実務経験が必要ありません。
*2級
2年以上の実務経験が必要です。
*1級
7年以上の実務経験が必要です。
*特級

1級合格後5年以上の実務経験が必要です。

職業訓練歴、学歴などにより、この実務経験年数は軽減される場合があります。

【受験方法】
都道府県職業能力開発協会から受験申請書などを取り寄せ、同機関に直接持って行くか、郵送を行うことで申し込みが行えます。
【電子機器組み立て技能士試験内容】
学科試験と実技試験が実施されます。
学科試験については、電子機器に関する事項と、その組み立てに関する技術が問われます。
問題は50問出題され、試験時間は特級が2時間、1級および2級は1時間40分、3級は1時間です。
問題集が出ていますのでそれらを反復していけば良いでしょう。

過去の問題が手に入るようであれば、それを重点的に行って覚えていくのが得策です。

また実技試験についてはシャーシ、プリント基板、IC、トランジスタなどの部品を使用しながら

指示に従ってプリント基板への実装および配線作業を行います。

これは、実際に電子工作キットなどを購入して組み立ての経験を積んでおくのが得策です。

ある程度慣れてきたら、関東地方であれば東京の秋葉原などに出向き、ユニバーサル基板と電子部品を入手して簡単な回路を設計して、組み立ておよび動作試験を行うと応用力をつけられます。
 おすすめ度 ★★★★★ 溶接技能者
アーク溶接資格

アーク溶接とは溶接方法の一種で、金属の電極と溶接する対象物の間で

火花を起こし溶接を施すことをいいます。

工場や建築現場、造船、車の製造など様々なシーンで必要とされる仕事です。

一度技術を身につけることができれば、生涯役立つ資格でもあります。

また、企業でのアーク溶接を行う際には専門の特別教育を受けることが

義務付けられているため、有資格者は多方面からニーズがあります。

幅広い仕事に活かすことができるため、仕事場を選ぶことができ

転職が有利に進めやすいこともメリットの1つです。

 

【受験資格】

アーク溶接資格を取得するための条件は特にありません。

18歳以上の方であれば、誰でも特別教育講習を受講することが可能です。

資格を習得すると、手アーク以外にも、半自動アーク、自動アークと

様々な種類のアーク溶接を施すことが可能になります。

 

【受験方法】

アーク溶接の特別教育講習は、技術系の専門学校、教習所、社団法人などが行っており

各都道府県にそれぞれ受講センターや会場などが設置されています。

 

【アーク溶接資格試験内容】

アーク溶接資格を取得するためには、特別教育講習を受講する必要があります。

一般的な資格習得はペーパーテストが行われる場合が多いのですが、特別教育講習では原則テストなどは行われません。

そのため講習に参加し、必要な知識をきちんと得ることが大切です。

アーク溶接の専門知識を持つ講師が、細かく説明してくれ、質問なども受け付けてくれます。

専門のテキストが配布されるため、参考にしながら勉強するとよいでしょう。

アーク溶接資格では、座学で行う講習よりも難易度が高いのは実技講習であるといえます。

アーク溶接の技術者がついてくれ、実際に溶接を行います。

しかし、アーク溶接を行うにはコツがあり、そのコツを上手く掴めずに苦労する方も多いようです。

こればかりは肌で感じて覚えていく部分であるため、実技講習でしっかりと基礎を学びましょう。

アーク溶接は専門的な知識と高い技術力が必要になってくる仕事です。

ミスをしてしまうと大きな事故に繋がることも考えられるため、学科講習のみならず実務講習こそ非常に重要な経験であることがいえます。

 

 ガス溶接

溶接方法にアーク溶接やアルミニウム溶接などいくつか種類がありますが

ガス溶接はその名の通りガスを使用して行う溶接作業で、激しい火花を飛ばしながら

溶接する古典的な溶接方法といえるでしょう。

ガス溶接の資格は溶接資格の中でのファーストステップと言える基本的な資格で

これを持っていれば他の溶接資格を取る際にも応用が利きます。

ガス溶接技能者の資格は学科1日、実技1日の合計2日間ほどで取ることができるので、比較的容易に取得できる資格と言えるでしょう。また、上級資格にはガス溶接作業主任者というものがあります。ガス溶接技能者の資格を持っていれば、建築現場や溶接を必要とする各種工場で働く際に役に立ちます。

 

【受験資格】

ガス溶接の資格を得るためには、いくつかの前提条件をクリアしなくてはなりません。
まずは18歳以上という年齢制限があり、それ以下であればいかなる場合でも受験資格がありません。

規定の年齢に達していれば、地方自治体の規定機関に申し込み、ガス溶接技能講習を受けるという流れになります。

ガス溶接の試験は都道府県によっては毎月1回以上、開催されているので、時間が合う時を選んで受講するといいでしょう。

ガス溶接技能講習は講習型の資格なので、試験にパスすることは難しくはありません。

果敢に挑戦することで、履歴書を一段魅力的に見せることが可能になります。

 

【受験方法】

ガス溶接技能講習受講に関する情報を得たい場合は、住んでいるところの都道府県に問い合わせてください。

ガス溶接技能講習は各都道府県が定める規定機関で受講できるので、受験日時や受験場所はそちらで確認すると確実です。基本的には土・日開催となっていることが多く、別に仕事を持っている人に対してもきちんと配慮されています。

【ガス溶接資格試験内容】

ガス溶接技能者になるためには、学科と実技の2つの成果を講習で示さなければなりません。

学科試験に臨むためには、資格を得るために必要な講義である「ガス溶接技能講習」をしっかりと受け

ガス溶接に必要不可欠なポイントを把握しておく必要があります。

ガス溶接技能講習では、1日のうちに講習と学科試験があるので、

真面目に講義に参加をしていれば合格することは難しくはないでしょう。

学科には「設備の構造・取扱いの知識」「可燃性ガス及び酸素の知識」「関係法令」の3つがあります。

 

 闇雲に資格を取るのではなく、需要のある資格にターゲットを絞り取得する

最新情報をチェックしよう!
>夢は必ず叶う

夢は必ず叶う

アンダークラスからの脱却を全面的にバックアップします!また最新の派遣情報なども随時発信中です!

CTR IMG